自己PR

主に演劇と調理を指導しますが、難しいことはしません。二児の父として、地域の子育て活動に関わり、現在は小学校の畑で野菜を育てています。多様な分野の講習が可能。
「簡単なことからすごいものを作る」のが特徴。<男性>

免許・資格・経歴・指導歴など

劇団を主宰し、35年。
飲食店長を務め、調理師免許取得。
障害児放課後クラブで中高生に調理指導を3年。
青少年委員を12年。
中学生にグループワークと炊き出し調理を指導。
ジュニアリーダーにスタンツと歌を指導。

講習会 企画案

★スタンツ(寸劇)をしよう!〜楽しいことは自分たちの中にある〜

【内容】
スタンツ(寸劇)は、誰にでも簡単にできます。つかみやまとめのコツはありますが、何よりまず思いっきりやってみることが大事です。お楽しみ会や宴会芸、プレゼンにも活かせます。一緒に弾けましょう!

【対象者・人数】
中学生以上、大人も可。20人程度まで。

【必要なもの】
マジック、紙類=グループ用のメモ用紙、模造紙、新聞紙。
参加者個々については、動きやすい服装、汗拭き用のタオル、飲み物。
会場によっては、上履きも。
希望があれば、普段生活で使っている範囲の持ち物・道具。

【経費】
なし

【会場】
動き回り、大きな声を出し、水分を摂取することが許されている部屋。
広さは体育館ほどは不要。教室ぐらいあれば十分。
畳がベストだが、通常の床でも可。
夏場・冬場は空調の効く部屋。


★炊き出し調理〜明日への希望をつなぐ食事〜

【内容】
被災時などを想定した炊き出し調理を数人のグループ毎に行います。
調理設備や食材、給排水は確保できた前提で行います。
「ケースの数だけ正解がある」避難生活が長期化した際の留意点もあります。
相談しながら進めましょう。

【対象者・人数】
中学生以上、大人も可。20人程度まで。

【必要なもの】
家庭用コンロに載せられる範囲で大きめの鍋(グループ数×3)、ザル、ボウル、お玉、菜箸、まな板、包丁、皮むき器、調理用手袋、布巾、台拭き、ウエス、スポンジ、台所用せっけん。

【経費】
材料費は原則実費で考えています。詳しくは相談しながら進めましょう。

【会場】
調理室。調理して食べることができる部屋。
コンロはグループ数×2口必要(兼炊飯分)。できればガスで。
汁ものが入る食器、人数×2以上。箸又はスプーン人数分。


活動ジャンル スタンツ(寸劇) 炊き出し
講座可能日時 相談による
実施可能地域 相談による
自宅最寄り駅 有楽町線 辰巳駅