自己PR

30代から健康に興味を持ち始め様々な健康法を試すもどれもピンと来ない中、薬膳という存在を知る。
その後中医学の本場中国にある国立北京中医薬大学の日本校と出会い、薬膳・
気功・中医学理論を学ぶ。(中医学とは漢方医学の根本となった中国伝統医学の略称)
昨今の健康ブームでテレビや雑誌に多様な情報が飛び交っているが根拠のない内容がほとんど。その点中医学(漢方理論)は紀元前から歴史が始まり、いまなお現代に受け継げられている。
今春にも世界保健機関(WHO)の国際疾病分類に日本や中国の伝統医療が東洋医学の章として追加される方針で、100年以上続いた西洋医学一辺倒だった世界の基準が変わると大変注目されている。
そんな伝統ある中医健康法を日常の生活に取り入れ、季節や体質に合った正しい養生法をお伝えする。
<女性>


免許・資格・経歴・指導歴など

・国際中医薬膳師
(中国が管轄する中国中医薬研究促進会が認定した国際資格、国内の薬膳資格の中では最高位)
・国際中医師
(中国政府の団体「世界中医薬学会連合会」が中医師相当の知識を有する中医学の専門家として認定した世界規模の国際資格)
・医学気功整体師(医学気功整体協会認定)


講習会 企画案

★日常使いの中医学〜薬膳と気功で元気に美しく〜

【内容】
薬膳というと苦い不味いといったイメージがある方が多いが、生薬を使わずともスーパーマーケット(パルシステム)の食材で日々の食事に手軽に簡単に薬膳食材を取り入れられる方法をご紹介。
また健康になるためには運動、メンタルケアも必要。適度なジョギングは良いが、最近流行している筋肉トレーニングはメンタルには全く作用はしない。一方気功は適度に体を動かし、体の気の流れを整え、精神と肉体の陰陽バランスを取ることが可能。多量な情報量が飛び交い目まぐるしい現代社会の中、心を落ち着けるために最後に座禅で頭をクリアにする。
具体的には前半は季節に合わせた薬膳の食材を紹介し、後半は気功で体を動かし最後の10分ほどで座禅を行う。

【対象者・人数】
薬膳、漢方、中医学に興味がある初心者向け。20人くらいまで。

【必要なもの】
ホワイトボード、プロジェクター、音響機器(座禅中の音楽用、簡易なもので可能)

【経費】
資料作成費(1人あたり100円くらい)
お土産用の薬膳食材(1人あたり300円くらい)

【会場】
スクール型の部屋。
気功で体を動かすため3人掛けを2人で座る様なゆったりとスペースをとれる環境。


活動ジャンル 薬膳料理 気功 つぼ押し 健康養生法
講座可能日時 相談による
実施可能地域 23区内
自宅最寄り駅 三田線 蓮根駅